ホーム > スポンサー広告 > ソフトバンクホークス秋山監督の苦悩と苦労ホーム > 生活 > ソフトバンクホークス秋山監督の苦悩と苦労



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ソフトバンクホークス秋山監督の苦悩と苦労

ソフトバンクホークスがソフトバンクになってから初めての優勝となりましたが、前監督が偉大な王貞治さんだったということもあって最初は戸惑うことも多かったようですね。

今年は体重が4kg減った、眠れない、ヘルペスが出た、外食でも一人前も食べられない時もあった、など優勝するまでが大変だっただけに披露も相当なものでしょうね。

今年はソフトバンクが30周年と言うこともあり、ソフトバンク社員の方達が数千人で応援に駆けつけるなど絶対勝たなければならない、優勝しなければならない雰囲気と言うのはいつも以上にあったことでしょう。

最後の試合で優勝か2位の半々の確率、それだけに優勝を逃せば監督の責任も大きいですしね。

ここ最近は試合も140試合ほどと増えたのでその分重圧の期間も長くなったことでしょう。

そしてここ数年パリーグは優勝チームがそのまま日本シリーズへ進出していますし、ホークスとしては1位になりながらも日本シリーズ進出を逃しているのでまたプレッシャーは大きいことでしょうね。

西武ライオンズの渡辺監督が進退伺いを出したとニュースになっていましたが、それだけ重い職業なのでしょうね。

[ 2010/10/01 10:23 ] 生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。