ホーム > スポンサー広告 > 日本の外国人観光客の数は?地方の観光状況ホーム > 生活 > 日本の外国人観光客の数は?地方の観光状況



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本の外国人観光客の数は?地方の観光状況

最近では羽田空港の国際化、長崎と上海を結ぶ定期船が就航するなど、交通の面でも観光客を集めようとしています。

大阪府219万人、京都98万人、愛知県65万人、九州100万人、北海道70~80万人など。

関西は古い歴史建造物が人気、愛知県はトヨタの豊田市の知名度が高い、九州は温泉などが人気、北海道は自然が人気など。

九州はアジアに近いものの、知名度は低く九州にどんな観光の場所があるのか分からないという声も多いのだとか。

九州は観光資源が多いらしいものの、それを活かせていないという現実にぶち当たり、なかなか宣伝がうまくいかずに苦労しているみたいですね。

一方で福岡市の商業施設は韓国や中国からの観光客向けの店舗が増え、数年前から韓国語や中国語の表記も目立ち始めたのだとか。


北海道も実は源泉というのが多いそうなので、北海道に温泉地を作って観光地洋に開発する業者というのも増えてくるでしょうかね。

ロシア方面では北海道側の都市にはあまり人口は集まっていないので、ロシアに近いという地の利はそれほど活かせないのが現状でしょうかね。

[ 2011/11/29 17:26 ] 生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。