ホーム > スポンサー広告 > 木村拓哉の南極大陸の視聴率が低迷する、キムタクドラマホーム > 芸能関連 > 木村拓哉の南極大陸の視聴率が低迷する、キムタクドラマ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

木村拓哉の南極大陸の視聴率が低迷する、キムタクドラマ

TBSの開局60周年記念ドラマ「南極大陸」の視聴率初回放送は22.2%と好調で、2話は19.0%、3話16.9%、4話15.8%と続き、2011年11月13日放送の第5回は13.2%だった。

なんでも視聴率は放送のたびに下がってきているのだそう。

「南極大陸」は北村泰一著の「南極越冬隊 タロジロの真実」が原作となっている。

香川照之さん、堺雅人さん、緒形直人さんなど大物俳優が共演、今人気の綾瀬はるかさん、子役の芦田愛菜ちゃんなどが出演している。

まあ木村拓哉さんと言えばあすなろ白書、若者のすべてなど青春ドラマから始まり、ロングバケーション、ラブジェネレーション、ビューティフルライフ、GOOD LUCK!!と視聴率がどれも高すぎたとも言えますし、今までが異例だったのでしょう。

SMAP自身も人気は前のほうが高かったとも言われますし、メンバーが30代後半あたりになって、アラフォー世代となってくれば、世の中の同世代と同じくパワーは落ちてくるのも仕方はないですね。

南極物語と名前が似ていたり、今回の番組は少し硬い内容とか、キムタクよりもドラマの内容がクローズアップされるなど今までと違うのかもしれません。

今回は松嶋菜々子さんの家政婦のミタと比べられることも多いですが。


[ 2011/11/15 02:53 ] 芸能関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。