ホーム > スポンサー広告 > ニュージーランドのあとに日本で規模の大きめの地震ホーム > 生活 > ニュージーランドのあとに日本で規模の大きめの地震



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニュージーランドのあとに日本で規模の大きめの地震

最近は東日本大震災後から数ヶ月経過しても余震が収まらない、規模の大きいものもあるということで、心配、悪いことがおきるのではないかとも言われていますが。


ニュージーランドでの地震発生から数日後に東日本で地震が発生したので、今回ニュージーランドで発生してからその数日後というのが6月30日に当たり、何か大きな地震が発生するのではないかとも言う方もいますが。



地理的に遠い、中間の南海、東海、関東を通り越して東北を震源とした地震なので関係はあまりないと言われたり、一方で地下で何が起こっているかはわからないので、発生する時期がたまたま重なっているのかもしれないなど、いろいろな説は出ていますね。



6月30日は東北ではなく長野県で震度5の地震が発生しましたが、それらは関係あるのか?

まあもしかしてと言われる日にち前後は気をつけていても損はないことでしょう。




日本では東海地区、関東などが常に大地震の可能性が高いと言われ警告されていた風で、そちらの方に関心が集まっていた中では東北の地震は無警戒状態だったのかもしれませんね。


日本では比較的九州、四国、沖縄が地震はそれほど多くはない、あっても規模も震度7まではいかないという状況でしょうかね。




[ 2011/06/30 14:40 ] 生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。