ホーム > スポンサー広告 > 板尾創路の長女が亡くなりお別れホーム > 生活 > 板尾創路の長女が亡くなりお別れ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

板尾創路の長女が亡くなりお別れ

お笑いコンビ・130Rの板尾創路さんの長女の英美(えみ)さんが16日夜に急死しました。容態が急変してからは10時間もたたないうちに亡くなったそうです。

そしてその英美さんの「お別れの会」が20日、都内のホテルで行われました。年齢は1歳10か月でした。

いたおさんは1998年に一般女性と結婚し、約10年後の2007年9月21日に待望の長女が誕生しています。

自分の著書などにも長女との写真を載せるなどとてもかわいがっていたそうです。年齢では44歳の時のこどもであり、第一子であり、長女と言うことでかなり溺愛していたとのことでした。

会場にはお笑いコンビ・雨上がり決死隊や千原兄弟、西川きよしらが弔問に訪れていました。相方のほんこんや今田耕司も参加していました。

はほおがこけ、憔悴しきった表情で悲痛な雰囲気だったそうです。

長女の死因は乳幼児突然死症候群と見られるそうで、この症状は生後3、4カ月頃に置きやすいのだそうです。

しかしその後も起こる可能性があるそうなので、気をつけた方たいいらしいです。未熟児で生まれたり、妊娠時の妊婦の喫煙(副流煙を含む)や高齢出産などでもそのリスクは高い場合があるそうなので、これらに該当する人は気にかけた方がいいのかもしれません。




[ 2009/08/21 11:14 ] 生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。