ホーム > スポンサー広告 > 石田純一が子作り、不妊治療についてやれることはやる。プロゴルファーの東尾理子ホーム > 芸能関連 > 石田純一が子作り、不妊治療についてやれることはやる。プロゴルファーの東尾理子



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

石田純一が子作り、不妊治療についてやれることはやる。プロゴルファーの東尾理子

プロゴルファーの東尾理子(35)と夫で俳優の石田純一(57)が千葉・麻倉ゴルフ倶楽部で開催されたチャリティーゴルフにゲスト出演した。



先日妻の東尾理子が不妊治療を開始したいとブログで報告したことについて、「やれることをやらないと。俺もいつ死ぬか分かんないし」と話、理子も「同じことで悩んでいる方に“1人じゃない”と分かってもらえたらうれしい」と話した。



石田純一さんにとってはもうすでに30代後半と20代の息子、娘がいますが、やはり新しい22歳年下の妻のためにも子供を与えたいという気持ちは強いのでしょうかね。



世の中には不妊治療を行っていてもなかなか改善しないとか、治療をやめて諦めていたら妊娠が発覚したとか、男性60歳70歳で子供ができたとか、女性40代で自然に妊娠したとか、子供を作る気はなかったものの妊娠したなどいろいろな状況はありますね。



田中美佐子さんもそれまで子供はできたらいいかなほどであまり意識はせずに、7年後に43歳で女児を出産したなどがありますし、明るい気分でやっていくのが良いでしょうね。


父親の東尾修さんも不妊治療や子作りの話はそれほど聞きたくはない心境でしょうかね。



それとも早く孫は見たいという心境でしょうかね。


一人っ子なだけに東尾理子さんが産んだ子供が初孫となりますしね。


東尾理子さんも自身が一人っ子なので子供一人だといとこもいない状況になるので、子供は二人ほど欲しい気持ちでしょうか。


一応生まれた子供は母親の違う兄と姉はいる環境ということになるでしょうか。


[ 2011/06/18 10:05 ] 芸能関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。