ホーム > スポンサー広告 > 吉本興業のタレントの年収は、[中堅ほどのタレント]よしもとホーム > 芸能関連 > 吉本興業のタレントの年収は、[中堅ほどのタレント]よしもと



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

吉本興業のタレントの年収は、[中堅ほどのタレント]よしもと

吉本興業のタレントは大物なら5億円以上、若手だと10万円前後と差が激しいということも有名です。

数年前にはナインティナインの岡村隆史さんは6700万円、ココリコの田中直樹さんは5500万円だったそうです。

ナインティナインはメイン番組をいくつか持っていて、人気後の芸歴も長い印象ですが、ココリコはそんなにメイン番組を持っているさけでもなくナイナイに比べると短いのかなと思いますが、そんなには変わらないものなのですね。

よしもと興業の中ではこの1200万円の差は大きいのかもしれません。

やはりお笑いタレントはイベントや舞台、地方営業も多いらしいので、儲けも言われている以上に多いのか。

ノンスタイルとか、麒麟とか、ブラックマヨネーズはどれほどなのか。

FUJIWARA(ふじわら)も吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属ですが、藤本敏史(ふじもと としふみ)さんが木下優樹菜さんと結婚した際には、都内の高層タワー高級マンション最上階推定1億円の部屋に住んでいるという風に週刊誌で出ていたので、給料はけっこういいのかもしれませんね。

ちなみに数年前の社長の年収は4000万円だったそうなので、中堅タレントの方が高いということでしょうかね。


[ 2011/05/01 01:03 ] 芸能関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。