ホーム > スポンサー広告 > コンビニ売上高7.7%増加、地震、震災などでお客が殺到ホーム > 生活 > コンビニ売上高7.7%増加、地震、震災などでお客が殺到



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンビニ売上高7.7%増加、地震、震災などでお客が殺到

日本フランチャイズチェーン協会発表にようと3月のコンビニエンスストア主要10社の既存店売上高は6465億円で、これは前年同月比7.7%増加ということになるそうです。


中でもよく売れたのが乾電池やトイレットペーパーなど食品外のものだったそうです。

地震発生後にはコンビニのおにぎり、パン、カップ麺、飲み物等が売り切れ、品薄になるというところも目立ちましたし、売り上げはかなり増えていると予想されていました。

通常の8倍9倍の受注があったという話もありますし、かなり売れたのでしょうね。

しかし関東や東北での売り上げが目立ち、他の地域ではそれほどでもなかったようですし、被災したコンビニでは営業もできないところもあったでしょうから、7.7%増加に留まったとも言えるかもしれません。

震災後は人が多いかなという印象はあったものの、通常はそんなに人で溢れると言うこともなく、時間帯で集中するのは朝と昼程度でそれ以外は来店客も分散されているようですね。

現在は若年層やサラリーマン層だけではなく、高齢者層の来店も増えているのだそうです。

コンビニはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスなどがあります。

[ 2011/04/21 01:46 ] 生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。