ホーム > スポンサー広告 > 新聞の読み比べ読売新聞朝日新聞毎日新聞日経新聞産経新聞ホーム > 生活 > 新聞の読み比べ読売新聞朝日新聞毎日新聞日経新聞産経新聞



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新聞の読み比べ読売新聞朝日新聞毎日新聞日経新聞産経新聞

新聞というのはだいたい1紙ほどをずっと読むということが多いと思いますが、読み比べるのもいいかもしれませんね。

より自分に合った新聞というのが見つかるかもしれません。

発行部数では読売新聞が1000万部ほど、朝日新聞が750万部ほど、毎日新聞が350万部ほど、日経新聞が300万部ほど、産経新聞が100~200万部ほどのようです。

地方紙などもあわせると5000万部ほど発行しているということになるでしょうか。

それぞれ価格も違い日経新聞が価格が高く反対に産経新聞は価格が安く、夕刊紙は発行していないようです。

面数、記事数、ページ数もそれぞれ違い10ページほどの差があります。

ビジネスマンに人気なのがやはり経済紙面の多い日経新聞でしょうかね。

日経新聞の経済面は6~10ほどあり多い印象です。

ほかはだいたい2面程度でしょうし経済を知るならやはり日経新聞でしょうか。

最近ではオンライン版もありますし、定期行動久以外にはコンビニや自動販売機でも売られています。



楽天ブックス

中日の落合監督は

アメリカのスナッグルも人気


[ 2011/01/27 23:07 ] 生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。