ホーム > スポンサー広告 > 宇多田ヒカルが人間活動について語る、金銭感覚など、うただひかるホーム > 芸能関連 > 宇多田ヒカルが人間活動について語る、金銭感覚など、うただひかる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宇多田ヒカルが人間活動について語る、金銭感覚など、うただひかる

歌手の宇多田ヒカル(27)がJ―WAVE「TOKIO HOT 100」の公開生放送にゲスト出演しました。東京・六本木のけやき坂スタジオにて。

活動休止の理由については人間活動に専念するためのことでした。

これまでは歌手としてだけの人生で一般的な生活はしてこなかったそう。

住居の家賃も知らず、自分がお金をいくら使ったのかすらも知らず、気分転換で変な物を衝動買いしたこともあったのだとか。

たしかに宇多田ヒカルさんはそんな価格のものを衝動買いしたのかと思うような高い買い物はけっこう多かった印象でした。

とは言え外見も派手にするというわけでもないので一体どんなところにどれほどのお金をかけていたのかはあまり分かりませんね。

宇多田ヒカルさんは高額納税者でもトップに入ったり、10億円近い収入があったときもありましたが。

元々は人気になる前は普通の地区年数のけっこう経ったような団地風マンションに住んでいたので小さい頃から今のような生活というわけではなかったようですが。

音楽に専念できるように、15歳から保護された生活。得意な音楽ばかりやってきた。50歳くらいのことを想像してマネジャーなしでは何もできない“イタい”オバサンになりたくなかったからとのことでした。

芸能人の中にはコンビニが定着する前からスターになった人、小さい頃はまだコンビニがなかった時代の方というのはコンビニをあまりしらないという方も多いです。

その他ずっとマネージャーやお手伝いさんと共に行動をする方もいますがそういう方を見て思うところがあったのでしょうかね。

家族である父親の音楽プロデューサー宇多田照實氏(うただてるざね62)と、母親で歌手の藤圭子(ふじけいこ59)については親とは大事な話をしてこなかった。父は仕事の時しか会わない関係だった。

親の真実は亡くなってから知ることが多いというけど生きてるうちに知っておきたいという願望がある。

たしか宇多田ヒカルさんは母親についても遠い存在で近づきにくい雰囲気があるなど距離を感じているようなことを語っていた気がします。

藤圭子さんは歌手時代には陰の部分や孤独などそういう雰囲気を出した活動をしてきたと言われるだけに家族でもそういう雰囲気があったのでしょうかね。

もし宇多田ヒカルさんに兄弟や姉妹でもいればその人が仲介に入って家族の関係をよりよくしてくれる役割を果たしてくれたのでしょうが三人とも芸能人となると芸能としての家族の時間が多く純粋な一般家庭の雰囲気は徐々に薄れていったのかもしれませんね。

藤圭子さんとその母の関係が絶縁状態になっていたので宇多田ヒカルさんは親戚とも疎遠になっていたのかもしれません。

たしかに親の過去やあまり口にしない部分というのは気になることもあるでしょう。

祖母が亡くなってからより生きているうちにことを進めるという意識も強くなったのかもしれません。

[ 2010/11/22 10:38 ] 芸能関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。