ホーム > スポンサー広告 > 松平健は仕事と夫人のケアで自身も精神的に追い詰められていた可能性もホーム > 生活 > 松平健は仕事と夫人のケアで自身も精神的に追い詰められていた可能性も



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

松平健は仕事と夫人のケアで自身も精神的に追い詰められていた可能性も

俳優の松平健(まつだいらけん56)の妻で元女優松本友里さんはパニック障害、不眠症、うつ状態ということでしたがパニック障害は動悸や呼吸困難になり苦しくなるなど強く不安を感じることで体に異変が出てくる病気と言われています。

その症状が出るのではないかということで外に出られない状況もあったりと生活にも支障をきたすことも多いのだとか。

そのことによって不眠になることもあるでしょうし、不眠が続けばうつ病になる可能性は高くなるでしょうね。

松平健さんも夫人の病気のケアなども大変だったでしょうね。

表に出る仕事なだけにいつも明るい表情をしていなければなりませんし遠く離れた場所での仕事も多く自宅と仕事場を頻繁に行き来する生活が続いていたのではないかと思います。

仕事なハードなだけあって松平健さん自身もここ数年は精神的にも追い詰められた状態だったのかもしれません。

芸能界は引退したものの松本友里の近況は最近は聞こえてこないなと思ったまさにその時に出てきたニュースだったので驚きました。

うつ病では悪化した時とはまた改善した時にうつ病について考えてしまう時間ができそこでまた思い悩むこともあるのだそうです。

完ぺき主義の場合には完璧じゃなかったことが気になり思い悩む時間が増える傾向にある、結果考え悩む時間が増すことによっても悪化させているのかもしれませんね。

意識的に時間を設けて悩む時間と悩むことを終わらせる時間を決めてしまうのがいいかもしれませんね。

[ 2010/11/17 09:43 ] 生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。