ホーム > スポンサー広告 > 松平健の夫人はパニック障害、不眠症、うつ状態で闘病中だったホーム > 生活 > 松平健の夫人はパニック障害、不眠症、うつ状態で闘病中だった



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

松平健の夫人はパニック障害、不眠症、うつ状態で闘病中だった

俳優の松平健(まつだいらけん56)の妻で元女優松本友里(本名鈴木友里子)さんが亡くなりましたが、パニック障害、不眠症、うつ状態と精神的な病気を患っていたそうです。

子供の子育てに加え実母の介護もあったそうで完璧にこなそうとするがために精神的にも追い込まれていったそうですね。

若い頃に芸能界デビューしそこではやはり人の前に立つということもあり完璧でなければならない意識というのが強くなっていったのかもしれないとも感じます。

高級住宅街ということもあり近所の付き合いというのは元々深くはなく、ママ同士の交流もあまりなかったそうですね。

近所の方もここのところは松本友里さんの姿を見かけることも減り、長男の外出は松平健さんが行っていたのだとか。

それほどまで病状が悪化していたかもという声も出てきていました。

年齢の加齢とともに女性ホルモンは元々減ってきますが出産後はさらに減少するとも言われそういうホルモンの関係で体のだるさ、精神的な重さというのは感じていたのかもしれませんね。

年齢は40代ということもあり更年期障害のような症状もあった可能性もあるでしょうし生物的な問題というのも抱えていたのかもしれませんが。

3年前からパニック障害、不眠症、うつ状態が見え始めその3年間の間に複数の病院を受診したそうですがなかなか改善が見られなかったそうです。

精神的な病気というのは目には見えない部分であり、箇所としても扱いづらい分析の困難な脳部分になるので長期間の通院・受診が必要とも言われています。

医師によっても診断や治療法が分かれるので相性のいい医師を見つけることが最善とも言われていますが。
[ 2010/11/17 09:29 ] 生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。