ホーム > スポンサー広告 > 多村仁志がFA宣言たむらひとし、ソフトバンクホークスホーム > 生活 > 多村仁志がFA宣言たむらひとし、ソフトバンクホークス



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

多村仁志がFA宣言たむらひとし、ソフトバンクホークス

プロ野球のソフトバンクホークスの多村仁志(たむらひとし)選手がが都内で会見し、FA権行使を表明しました。

多村選手は日本代表に出るなど名前が知られているものの、優勝に貢献したことはなく100試合以上出場するということもあまりなかった中でここ数年は出場試合数も増え活躍の幅が広がっていました。

ソフトバンクホークスにトレードされてからは家族はそのまま横浜に住み、単身赴任の状態で生活をしていました。

交渉の契約条件などがソフトバンクとは合わなかったようで「広く自分の価値を聞きたいと思った。リーグは関係なく、価値観の一致する球団でやりたい」とコメント。

現在所属しているソフトバンクホークスについては「誠意ある対応をしてもらっていたが、今のところ価値観でずれがあった」

野球選手は短期間契約ではあるものの自分の評価を聞ける、高く評価してくれる、環境も変わるということもありいい部分もそれぞれあるものですね。

アメリカでは転職は当たり前であり、メジャーリーグでも日本以上に移籍やトレードが盛んだとも言われています。

それと同時に評価=金額の意識が強くビジネスとしても金額が高いところへ行く傾向にありますね。

厳しい自立の世界で生きているだけにお金は稼げるうちに稼いでおかなければ誰も助けてくれないという意識が強いのかもしれません。


[ 2010/11/16 10:03 ] 生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。